​業務内容

私たちは、万全な体制で、お客様の非常時の電源確保を目的とした発電設備の保守業務をサポート致します。

月次や年次の各種点検や非常電源設備全般のアドバイス、所有者にも理解されるような詳細な保守スケジュールや

報告書の作成などこのような業務は多様かつ複雑です。

これらの業務を豊富な知識と経験を有する弊社へ丸ごとお任せいただけます。

非常電源の確保、保守点検整備でお困りなら弊社へご相談ください。

調査1.jpg
事前調査業務

​​

事前調査業務とは、関係法令に基づき適切に点検​整備が行われているか、また各種非常電源保守マニュアルに適合しているかどうかを確認する業務です

作業服男性.jpg
保守業務

 

半年に1回または年1回専門技術者が訪問し、お客様の所有または管理する大切な非常電源設備の状態を確認し、報告書を作成します。

​また、点検時に異常が発見された際は詳細な報告書と見積書を作成し、整備を実施いたします。

無題.png
負荷試験業務

​​

模擬負荷試験は一般的に200V~6,600Vと非常に高い電圧や家庭では流れることのない極めて大きな電流が流れます。電気の知識と実務経験を待たない作業員が業務を実施することは極めて危険です。

弊社では必ず有資格者が負荷試験作業を実施いたします。

計画作成.jpg

​保守計画作成業務

非常電源設備の保守は中長期での計画立案が必要です。

月次点検、半年毎の点検、年次点検、オイルやエレメント、冷却水や燃料の交換、負荷試験など保守作業は多岐にわたります。

​お客様の非常電源設備の製造年月日や現在の状態、予算に応じた保守計画をご提案させていただきます。

提案業務.jpg

非常電源コンサルタント業務​​

非常電源設備は法令により設置義務があり、一定規模の施設には必ず設置されていますが、停電時以外、普段は稼働していません。

いざという停電時には必ず動くように、日頃の点検やメンテナンスは極めて重要です。

​弊社ではお客様が所有または管理する発電設備にとって最適な保守方法のご提案と、必要な電力をとどけるために最適な非常電源設備の選別をサポートさせていただきます。

Future ロゴ.jpg